奈良大学入ったワケ



奈良大学に入ったわけ…それは。奈良で奈良の勉強をしたかったから。 もともと『奈良』が好きで、転勤で関西に来て、結婚をしたのを期に 奈良県内に住むようになったのですが、私が関西に来たときには、 まだ『法政大学生』でした。(その時の記録は こちらから

そして、月日は流れ、私は法政大学を無事卒業して、 さてこれからどうするべと考えました。更にこれから『法律を学ぶ』『仏教を学ぶ』 『図書館司書資格を取る』『学芸員資格を取る』『ウェブデザイナーになる』 などなど考えつつ、それらすべてをやり始めることはありませんでした。 (特に最後のヤツは今だ初心者レベルなので、 いまだにこんなセンスのないHP作りで満足しちゃっているわけですが…)

もともと私は、歴史のお勉強が好きで、法政大学文学部史学科に入り、勉強をしたのですが、 おせじにも『歴史を極めた』とか『歴史のエキスパートになった』とかいう 達成感が全然無く、卒業したって事実しか残ってない。これだけは誰にも負けないとか、 ここの研究を極めたとか全然ない…。 これじゃいかんだろうと思っていても、別に『歴史で飯を食っていく』気持ちがあるわけでも ないし、『研究者になりたい』わけでもない。

でも、『奈良』の勉強はしたかったりする。 私の一番好きな日本史の時代は「奈良時代」だったりします。 (まあ、そこらへんの話は、法政大学時代にも書いたので、そちらを参照していただくことにして…) 場所としての奈良も好きだし、時代としての奈良も好き。だからここに住んでいるのですが。 「あ〜あ、奈良時代の勉強だけしたいなあ」などと思っていたとき。

そんな時、私は新聞広告を目にします。

『奈良大学 文学部 文化財歴史学科 平成17年スタート』

もう、これだ!って感じ(笑) 奈良県内の大学で、奈良時代や、地域としての奈良についての勉強をする。 この時のコピーに「奈良で学ぶ贅沢」ってのがあって、これまさにそうだわ! ってことで、はまっちゃったわけです。

『奈良』に特化した勉強ができる。これほど私のニーズに似合っているものはないなあってことで、 即パンフレットを取り寄せ、…そののち、しばらく放置していました。 机の上においておいたけど、ダンナもそれが「学校のパンフレット」だとは思ってなかったらしい。 だって、写真も、時代も、普段から目にしている「奈良」そのものなんだから。

で。 お正月に帰省して、現地の新聞でこんな投書を目にしました。 『この春から奈良の大学で通信教育を受けます。奈良が好きなので、 娘にも奈良にちなんだ名前をつけました』おおう、こんなヒトもいるんだ。 ニイガタでも、奈良好きなヒトが意欲に燃えているというのに、地元に住んでいて 何故しようとしないんだ!ということで、その投書を読んでまたまた気持ちが再燃(笑)

そこから結構早かった。法政大学から証明書類を取り寄せ、願書を提出し、入学選考もパス(?) して晴れて奈良大生となりました。

奈良は、文化財の宝庫だもんな。 そこで、奈良について学ぶなんて贅沢以外の何ものでもないかもしれない。 友だちにも云われたっけ。住んでいて、気が向いたらすぐいける場所にいるのは贅沢だって。 確かにそうかもしれない。地の利を生かして、現地説明会やら、神社仏閣の年中行事やらにも 参加してきましたが、イマイチ、奈良時代のお勉強って身についてないし。 ここらで、奈良に特化したお勉強をしたい。そのニーズに、奈良大の開設コンセプトが ぴったり合致した感じです。うまく取り込まれてしまいました(苦笑)

思えば法政大学に入った時、それを決意したのが1995年でした。 この年を見てピンと来る人も多いかと思いますが、この年の1月に 阪神大震災が起こりました。成人の日の休日に、法政大学では 入学説明会を実施したのですが、行くか行かないか最後までグダグダして、 結局その説明会に参加したのですが、その数日後にあの震災が起こりました。

で、その時、決意したのです。「自分がいつ死んでも悔やまないように、 やりたいことは今、やることにしよう」と思って。 それまで、資料を請求しても、イマイチ乗り気になれなかった法政への進学を 決断しました。

あれから十年。 再び、「今やらないと、後悔するぞ」って気持ちになって、決意した奈良大入学。 とりあえず一度大学は卒業しているので(通信とはいえね)、卒業にこだわるつもりは ないのですが。それでも、一度卒業「できた」ノウハウを持ってすれば、 ここも絶対に卒業できると思っているので(ははは♪)地道にお勉強 していきたいと思います。

法政時代は後半戦「ここまで来たからには、なんとしてでも卒業を」って目標がありましたが、 今回は「前回修得できなかったことを頑張ろう」って目的もありますんで。 (古文書がスラスラ読めるようになるとか、そういったこと) リポート書いて、試験受けて受かってのやっつけ仕事的な勉強では身に付かないことも多いし。 ちとそこらへんは不安でもありますが…。

とりあえず、奈良ですもの。奈良・なら! これが昭和大学とか大正大学とか明治大学とかならともかく(全然そういう意味ではない) 奈良に建っている大学で、奈良時代のお勉強をする『贅沢』を ひしひしと噛みしめながら、楽しくおべんきょうしていきたいと思ってます。

あと、二年で卒業できれば何も云うことはないんだけどね(笑) ということで、奈良大生もスタートです☆

(05.04.27)

 


次へ進む

勉強部屋(奈良大学)へ戻る